スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜んで

とても尊敬している講師がいる。


夏期・冬期講習や模試の際のお手つだいや、
新しい生徒をお願いしたりするとき。。。


「僕でよかったら喜んで」


という言葉が返ってくる。


すごく忙しいのを承知の上で、
お願いしたりするのに。。。


僕でよかったらというか。
僕以外に誰がいる!?
っていつも思う。


この謙虚さは。
本当に頭が下がる。




頼まれごととか。

ついつい
え~。。。
とかって思っちゃうことがある。



能力。
人間性。
器の大きさ。

ぜんぜんかなわないのに。。。


私も。
私でよかったら喜んでって。
笑顔で引き受けられる人になりたいなと思う






にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ


上位大生たちの秘密…14歳からの勉強法


スポンサーサイト

言葉

生徒たちにどんなメッセージを伝えようかなといつも考える。



言葉は大切だ。



どんな言葉を発するか。



それがその人自身をつくる。



人にどう伝わるかはわからないけど。




自分の言葉を一番近くで聞いているのは、いつも自分







にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ



上位大生たちの秘密…14歳からの勉強法


1番の進学校か2番手か

12月の頭に高校見学があり、
高校のことで少し迷っているみたいでしたが、
私が1番の進学校か2番かで
進路を悩んでいたのと状況が似ていたので、
私の意見を話しました!

1番の進学校の真ん中くらいで入ると、
勉強が大変かな…と言っていましたが、
私も同じ状況で担任の先生にも大変だと思うと言われましたが、
頑張って勉強して合格し、
高校で周りの友達に恵まれて
どんどん成績が伸びていったので、
1番目をおすすめしておきました!

(福井大学医学部医学科在籍講師からの報告書)




上の学校に下の方で入っても、
入ってからが大変だから、
1つランクを下げる。
というのはよく聞く話。



考え方は人それぞれで自由だけど、
私は。。。


1つランクを下げたからといって、
楽に上位がキープできるわけではないし、
上位をキープしたまま卒業できるというわけではない。

逆に、ビリで入学したとしても、
頑張っても周りに追いつけないほどの差があるわけでもないし、
卒業するまでビリでいつづけるというわけでもない。


よっぽどランクを下げたのならわからないけど。

1つ下げたくらいで、
入ってからの頑張る度合いが大きく変わるとは思えない。



気を抜けば誰でも成績は落ちるし、
頑張れば誰でも逆転できる。



講師のちゃんのように環境に恵まれ、
(とはいってもちゃんの頑張りが1番だと思うけど)
自分本来の力が発揮できることもある。



入ってからの大変さを想像してランクを下げるより、
今頑張って、見合う力を少しでもつける方がいいんじゃないかな







にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ


上位大生たちの秘密…14歳からの勉強法


ホームページ
よかったらe-Live公式ホームページや ファンページもご覧ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
dff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。